雅楽多文書館

2012年05月の記事一覧

フルート

フルートの練習をしています。いっこうに上手くなりません。
才能がないものとあきらめています。

教則本はアルテを使用していますが、まだ第一巻も終わりません。
最近は、 Louis Moyse の "Sixty-five Little Pieces" を使っています。
また、日本の逍遙歌なども一人で吹いて楽しんでいます。

フルート

スポンサーサイト

2012/05/31   音楽     8TB 0   8Com 0  

沖縄 伊江島


伊江島や ああ伊江島や 伊江島や
修学旅行の三日目、先生方と民泊の指導として、伊江島を自転車で一周した。 伊江港近くの貸し自転車屋を出発して、伊江村青少年旅行村、ハイビスカス園、湧出海岸、 ニャティヤ洞を見て、自転車屋まで戻るコースだ。 十一月下旬とも思えないような暖かな風が吹いていて、少し汗ばむ感じが心地良い。修学旅行で、こんなさわやかな汗をかいたのは初めてである。冷や汗は何回もかいたけど・・ 。伊江島の象徴とでもいうような城山がかっこいい。チベット高原にあるという、カイラス山に似ていると感じた。チベット仏教の信者が五体投地しながら、一周するという信仰の山だ。実際に自転車のまま五体投地した先生もいたが、たいした怪我もなくてよかった。城山をカイラス山に見立て、巡礼をしている気分だった。楽しい巡礼である。

昼食後、そのカイラス登山に挑戦する。下から見上げると険しそうな印象、登れるかなと思った。新潟から来たという高校生?に挨拶をされ、年配の人からはもう少しでよ、と励まされながら何とか登れた。意外に簡単だった。憧れのチベットの山に登った気分だ。

その後、ホテルに戻りゆっくりと過ごす、このホテルがまたよい。テレビもなければ、ラジオもない、シーンとした静寂な時間をもてた。この静けさは何ものにも代え難い。民泊といい、何年ぶりかの自転車といい貴重な体験ができた。私にとっては忘れがたい終職旅行になった。

もう一度、伊江島を訪ねたいと思う。島の人は、お帰りと言ってくれるかな?
(2011年12月)
城山(ぐすく山)

2012/05/26   雑記     2TB 0   2Com 0  

検索フォーム

.

 

RSSリンクの表示

.

 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

.

 

QRコード

QR

.