雅楽多文書館

2012年10月の記事一覧

映画『推理作家ポー最期の5日間』みました

『推理作家ポー最期の5日間』をみました.エドガー・アランポーや江戸川乱歩,横溝正史が好きなので,TVのコマーシャルをみたときから見るつもりでいました.しかし,体質的に会わない映画でした.グロテスクなシーンがあるので,R15指定は当然だが,自分にとってはそれが問題ではない.詳しく書けないが,見ていて息苦しくなるシーンがありそこが,そこだけが問題でした.ミステリーとしての筋書き,アイデアは面白いと思った.でも,犯人があの役者というのは少し無理があるかな?
スポンサーサイト

2012/10/26   雑記     122TB 0   122Com 0  

入 院


アメリカのホームドラマでDr.HOUSEというのがある。そのドラマの中で、病院に入院している患者がネットを使い、自分の症状を公開して全国の医師から治療法のアドバイスを受ける、という話があった。日本では考えられないことだ。

先週まで入院していた。TVはあるものの入院中は退屈であった。携帯電話の使用は禁止、ましてパソコンなどは論外である。とはいうものの、iPhoneを持ち込み、青空文庫で普段なら読まない小説やツイッターなどを楽しんだ。また再発し入院することになると思うが、ノートパソコンぐらいは持ち込みができるようにしてほしい。

病気は自然気胸である。息をいくら吸い込んでも息苦しい。横になっていても息苦しさはおさまらず、救急車で病院に搬送された。治療は、胸の脇に穴を開けドレーンを差し込み、胸膜腔にたまった空気を抜くといものだ。空気を抜いてもらうと息苦しさすぐに治まった。後は、胸の苦しさより、差し込んだドレーンの痛みが残った。ドレーンを差したままの状態は一週間続いた。

肺が弱いということは分かっていたので、いずれ病気になることは覚悟していたが動揺した。突然発病することが恐ろしい。不意打ちに弱いのだ。全く前兆が無かったかというと、二三日前から少し息苦しいと感じることはあった。仕事や生活上でのストレスもあった。今後は、すこし気持ちよく、すこし楽しく、すこし賢くを生活の目標にしたい。上記のDr.HOUSE、医療ミステリーとしても、推論を働かせながら病気を診断する謎解きゲームとしても面白い。「すこし賢く」なりそうな番組である。

2012/10/22   雑記     121TB 0   121Com 0  

不等式の証明

ラングの“解析入門”からの問題です。対数関数を幾何学的に定義してから解きます。高校での対数関数の定義とはことなりますが、一つの考え方として理解してください。なお、ラングの本には解答がのっていません。自分で考えてください、最後の問題は無理ですが(失礼あなたが数学の天才ならば別です)挑戦してみたらどうでしょうか。未解決の問題ですが、これが解ければ君の名は永遠に残るだろう。と、ラングさんの本に書いてあります。最初の問題は次の不等式を証明することからです。
詳しくはこちらから  雅楽多文書館
\[ \frac{1}{n+1}<\log \left( 1+\frac{1}{n} \right)<\frac{1}{n} \]

2012/10/05   高校数学     120TB 0   120Com 0  

検索フォーム

.

 

RSSリンクの表示

.

 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

.

 

QRコード

QR

.