雅楽多文書館

Entry 116   Permanent LIN K

順列・組み合わせ


数学Aで学ぶ順列と組み合わせをとりあげました。基本的な公式と問題を扱っています。
詳しくはこちらから 雅楽多文書館
スポンサーサイト

2012/09/23   高校数学     116TB 0   116Com 3  

Comment

 

-1   管理人のみ閲覧できます   2012/09/25   [ Edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 k_kiyosi2   Re: 不条理の大因(おおもと)   2012/09/26   [ Edit ]

> はじめまして^^、ご訪問ありがとう御座います♪
> 数式をブログに揚げている方>のブログに惹かれてのコメントです。かく言う私は、1+1=2 が呑み込めなくて、「1+1は、約2であることにしよう」等と考えるほどの数学的ド素人です。つきましては、その素人が思うことに自然界には理(数学)に合わないことが奇跡とか偶然とか、「たまたま」とかの言葉で表される事象がおきることあります。このような大因はどこにあるのかを(以下に)考えました。
> →<不条理の大因おおもと>は、 互いに引力をもつ四個の生産性粒子が接着する空間に入る破壊性粒子の直径dは、生産性粒子の直径をDとしたとき、 d=0.πD (dは、Dの十分の一?) の関係にある。 この2種の粒子の接点を限りなく微小視していくと空間という虚数と、直径という実数がありえない数学的イコールで結ばれる。これを「不条理の空間」と名づけました。
> こんな子供染みたこと、恥ずかしくて(その計算を)多くの方に願い相談してはいません。ので・・・^^!、


平 素人様
はじめまして、コメントありがとうございました。私はブログを始めたばかりですので、コメントへの対応ですとか、トラックバックとかはよく分かりません。失礼があったらお許しください。私は、数学についても、科学哲学についても詳しいわけでもありませんので、平様の不条理の大因に対しての返信もまとまりません。ただ、数式を書くソフトを使っていましたので、高校生向けの数式を書いているだけです。この学問・文化・芸術のジャンルに出てるブログは高度な内容ばかりで気後れしています。いろいろと教えてください。よろしくお願いいたします。この返信が平様に届くのかも自信がありません。



平 素人3   「π=d」 これって、あたりまえっ!?   2012/09/27   [ Edit ]

ご丁寧な、ご返答ありがとう御座います^^。
先の件は、内包している意味は別として。大きい円(D)を三つ書いて。そのなかに描ける小さい円の直径(d)が大きい円の円周の十分の一の近似値であることに気付いて、「では実際の球体の場合の大きさはいくらなのか?」 ほんとに(πを定数として数学的に)その十分の一であると計算できれば、その大きさに関係なく「πが直径で、直径かπということ」 であり、「こんなことってありうるのかぁ?」 ちなみにπは無限数だと思っています。こんな子ども染みた発想からその計算をして下さる人を捜して(いました)います^^!。


P.W.   Secret    

Trackback

http://kiyosi38.blog.fc2.com/tb.php/116-4d0e2f83